動画の画質を表現している言葉の意味

動画の画質を表現している言葉の意味

有料アダルトサイトの動画は配信元や作品によって画質に差があります。

 

またサイトの説明でもHD動画とかハイビジョン動画そして4000kbpsの高画質などと宣伝されています。

 

ですが実際にはどの位のレベルの画質が高画質であるのか言葉の意味を理解していないと判断が難しいと思います。
そこで画質を表現している言葉の意味を知っておかれると良いと思います。

 

 

HD画質ってどれくらのものなのか?

そもそも画質と言うのは解像度に関係していて解像度が高ければ高い程画質が良いということになるわけです。

 

そこで解像度について以下に表にまとめてみましたので参考にされてみてください。

一般的な動画 SD画質(640×480)
一般的なDVD SD画質(720×480)
ハイビジョン動画 HD画質(1280×720)
地上デジ対応TV HD対応液晶TV (1366×768)
フルハイビジョン Full HD画質(1920×1080)

 

 

Kbpsとはいったい何なのか?

良く動画の画質を表記するのにKbpsという文字が使われているのを見かけますがKbpsとは、キロビット毎秒(Bit Per Second)の略で、1秒あたりのデータ量を表す単位のことを言っています。
これは、ネット回線速度など通信分野出も良く使われている単語で要はKbpsの数字が高ければ高いほど画質が良いと思ってください。

 

なので当然1500Kbpsと表記された動画よりも3000Kbpsと表記された作品の方がはるかに画質が良いと言う事になります。
分かり易くいうと一般的なDVD作品は3,000〜6,000kbps位で無料動画サイトでは400kbps位が標準です。

 

ここでも無料動画サイトの画質がいかに劣るのかはご理解されると思います。

 

一般的には1500Kbpsあればストレスなく動画を楽しむ事ができますが高画質を望むのであれば3,000kbps以上の作品を見たいものです。有料アダルト動画サイトでは普通1,500〜4,000kbps位の動画を配信しているとこが多いので画質に対して不満ということは滅多にないと思います。